蒼月の鏡

基本的にAAAですが最近では三国大戦やLOVもプレイしているのでそちらもちょくちょく書いてます。ちなみにスパムは潰すから覚悟してね(黒笑)あと、リンクはフリーなのでお好きなようにリンク登録をしていただければ結構です(ペコ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

緑がかなり上限修正された。これはうれしいな。

一部カードの調整実施のお知らせ
No. レア 名前 調整内容
0127 UC 《スパークリング・プラズマ》 オルタレーション威力が減少。
オルタレーション効果時間が短縮。
0130 SR 《各務流退魔拳法統主“各務柊子”》 光弾速度が上昇。
0137 UC 《死の印》 オルタレーション発動カウントが短縮。
オルタレーション威力が上昇。
0046 UC 《魔王“ルシフェル”》 パワー上昇時の威力上昇が増加。
0047 UC 《イノセントタイガー“ブランシュ”》 スキル効果時間が延長。
0048 C 《ワイルドキャット“マヤ・波照間”》 スキル発動開始時間が短縮。
0049 C 《マーメイド・プリンセス“アフロディーテ”》 光弾速度が上昇。
スキル硬直時間が短縮。
0051 C 《姫鬼神“鈴鹿御前”》 ノックバック距離が延長。
0053 R 《セイバーファング“ジル・リンクス”》 スキル威力が上昇。
0054 C 《大地母神“ティアマト”》 パワー上昇時の威力上昇が増加。
0055 R 《葬神“アヌビス”》 スキル効果時間が延長。
0057 UC 《氷海神“セドナ”》 スキル効果時間が延長。
0107 R 《ヴァンパイア・プリンセス“夜羽子・アシュレイ”》 光弾速度が上昇。
0108 UC 《龍宮“乙姫”》 パワー上昇量が増加。
0154 SR 《悪魔“アイム”》 スキル威力が上昇。
0153 R 《ジャッジメント》 オルタレーション効果時間が短縮。
パワー上昇時の威力上昇が減少。

といった感じにようやく修正が入りました~~~~。
これはうれしいですね。
でも以外なのはディーテに上限修正が入ったことですよね。
素が強いのにスキルも強化するとは・・・。
アイムに関してはスキルを強化してものねと感じが目立ちます。
だってスピード1じゃあ普通には運用無理でしょう。(金色巫女さんの性能がよすぎるのも問題だが)
ただし黒で組むなら選択肢に入るな。
でもたいてい3コストというとシヴァ、セドナ(乙姫)、えいむの3強の中に入ることができないからな・・・。
せめてスキルこうげきでなくって効果範囲の拡大ならまだ救いようがあったが。
あとはねブランシュとアヌビスに上限修正はめちゃくちゃうれしいですね~~~。
これで犬と猫の軽やかな競演が楽しめる~~~。
スパブラとジャッジの下限修正はすでにわかってましたからどうでもいいです。

いま一番気になるのはやっぱりこの人でしょう。
《各務流退魔拳法統主“各務柊子”》
光弾速度上昇といえでもあの光弾敵味方関係ないからな・・・。
この修正で吉とでるか凶と出るか赤をめったに使わない俺も気になります。(でも今回のアヌビスの修正で赤の使用率があがるかも・・・)
スポンサーサイト

テーマ:アクエリアンエイジ オルタナティブ - ジャンル:ゲーム

アクエリアンエイジ オルタナティブ | コメント:0 | トラックバック:1 |

追加カード・・・どんなカードを望みますか?(ついでに妄想カード)

追加カードがあと1ヶ月くらいででそうな話があるらしい(確証なし)
のでここでどんなカードが出てくるのか気になりますよね。

まあ、バランスがくずれなければ別にいいだけど・・・(俺的には)

さてと本題に入ってみます。
もし皆さんが追加カードでこんなキャラが出てきたらいいなというのはありますか?

あったら教えてください~~~。

ちなみに俺は

カブリエル(イレイザー編の主役ね)
ウリエル(青バージョン)
オリオンの青年、主役5人

といった感じですがみなさんはどんなカードを出てきてほしいでしょうね。
コメントよろしく~~~。

あとちなみに
白緑(子守り)使えるかもしれないデッキ公開。


《メイド“鷺沢絵梨奈”》
《メイド長“佐々原 藍子”》
《サンダーボルト“東海林 翼”》

《魔王“ゴモリー”》
《バイラヴァ“シヴァ”》
オルタ
《スパークリング・プラズマ》
《エナジー・ドレイン》

といったデッキですがカーテンに竜巻のなかから光弾はかなりうざいうえにほとんどの相手の光弾を竜巻で消せるのでダメージをある程度は無しにできるというものです。
いわいる遠いところにいる場合は光弾が近くは竜巻がといった近寄るのも面倒な組み合わせになってます。
まあ、竜巻は槍などはだめなのであまり過信するのもどうかと思います。

あとは妄想ですかね。
じぶんならこんなカードをつくるとか。
俺なら自作小説のMB6人を。
くわしくはここか?
target="_blank">http://yosiyuki1501.blog111.fc2.com/blog-entry-75.html

共通能力
ダブルエナジー(いわいる2種類のエナジーが規定以上ないとブレイク不能)
スーパーアーマー(のけぞり無効で攻撃によるスキル妨害できない)
ステータスガード(強化以外のステータス以上にかからない)
オートヒーリング(動いてもHPが回復するうえに止まっている時はHPの回復量が1.5倍になる)
ピンチパワーアップ(HPが半分以下になると攻撃力が永続で+5されるがHPが半分以上になると元に戻る)

名前  必要エナジー パワー スピード

カズヤ   5     8   4 
スキル効果「三方向に極太レーザー(P10相当)のレーザーを放ち中央広範囲にP1相当の細い光線を8発放つ」

リュウガ  5     8   4
スキル効果「その場所からカードを置いた場所に完全無敵状態で突撃する。命中した的は即死」

シグルド  5     7   5
スキル効果「全範囲の敵に回避不能の高速レーザーをひとりあたりに2発放つ(P8相当)」

クロノ   5     7   5
スキル効果「全範囲の敵の内一番近い敵に回付不能な高速レーザーを6本発放つ(P6相当)」

アキラ   5     9   3
スキル効果「直線上に光弾を放ち当たった相手を中心に周囲広範囲に爆発が起こる(P5相当)」

シンヤ   5     9   3
スキル効果「槍スキルと同じくくらいの敵に対してクロス型に2回斬りつける(パワー60相当)ただし命中する敵は一人のみ」

といった壊れたカードをつくりたいなと思う俺がいます。

テーマ:アクエリアンエイジ オルタナティブ - ジャンル:ゲーム

アクエリアンエイジ オルタナティブ | コメント:0 | トラックバック:0 |

ディーウィだってやれば出来るですよ!!!(入浴剤はミントでいいですかシヴァ様)

はい、個人的な話です。

緑青で篭りをするときは
シヴァとソニアが欠かせません。
この二人がいれはたいていの敵はブレイク後8~15カウントで溶けていなくなりますから。(シヴァの攻撃強化なしで)

ですけどコスト的に重いので
基本的にコストは。

コスト1×3
コスト3×1
コスト5×1
コスト4×2
といった組み合わせです。

普通の人は
ティアマット
ゴモリー
マーリン
ジリアンの4拓ですが。
自分は必ずともいってほぼ100%ディーウィが入ります(なにか?)

ディーウィは一見使えなさそうに思えますが・・・。
実は使えます。(断言?)

パワーゼロだから使えない?
そんなことはない。
パワーゼロでもMBをぶん殴ればエナジーはたまる。
スピードは2だからちみっと逃げるのには向いてるし。
スキルが使いにくい?
そんなことはない・・・。(多分)

それにディーウィのスキルだが基本はダウンしたカードの攻撃力をコピーだけ。
しかしこれ知っている人はいると思うが実は攻撃強化した相手を葬るとその強化された分が自分の元の攻撃力になるわけ。

つまり

ブランシュ攻撃13とセドナで強化で攻撃力を+10してディーウィの攻撃力も+10おいてブランシュが落ちると攻撃力が33のディーウィが完成するわけでこれにブレードデモンを追加すれば43でさらにスピードを強化してやれば


ブランシュ:スキルで13
ディーウィ:攻撃0
セドナ:効果で両方に攻撃+10
ブランシュ:ダウン
ディーウィ;元攻撃力23+セドナ効果で+10=33
ブレードデモン:ディーウィ攻撃力43にアップ
タイムストップまた電脳妖精:スピードを強化。

コスト1で攻撃43のスピード5のディーウィが完成するわけだ。
ほかのキャラではここまで壊れた状態のキャラは作るのはまずほとんど無理。(アヌビスは理論値99いけるらしいが)
ただし魔人転生を使って魔人の攻撃力をコピーすれはディーウィも理論値99達成可能かも?

つまりやればディーウィは可能性を秘めたカードだということでしょう。

WIKIのコネタにも書いてあるけど
シヴァと一緒にセンス発動すると特別せりふになりますよ。

テーマ:アクエリアンエイジ オルタナティブ - ジャンル:ゲーム

アクエリアンエイジ オルタナティブ | コメント:0 | トラックバック:0 |

う~~~ん立ち回りをどうするかな。火炎放射をいかにすれば当てられるか・・・。

《ウイッチ・プリンセス“エリナ・ロアール”》をどう使うか。
せっかく火炎放射が強いわけだし距離も思っていた以上に短くなかったから悪くはないと思うけどパワーが1というのはちょっとコスト3では厳しい(2だったらいいだけど)
その代わりスピードは3と悪くない。
とりあいず基本的に直接戦闘しないで火炎放射で立ち回らせるのいいかな?

そうなるといかに火炎放射を当てるかが勝負の分かれ目。
そうなると動きを制限できる赤が一番いいかもしれない。

そうすると直接戦闘がきつくなるがそれはしかたないとしてエリナ式火炎放射がMBに全弾あたればアドバンテージが大きく取れるから守りを重視しつつエリナ式火炎放射を当てられるほうほうを考えればいいわけか。

赤はあんまり使用率が高いほうでなくむしろ低いほう。(361回中20回以下ぐらい)
でもカード資材といいコスト2など種類が豊富だから助かる。
まあ、後でじっくりとデッキを練ってみますか・・・。


テーマ:アクエリアンエイジ オルタナティブ - ジャンル:ゲーム

アクエリアンエイジ オルタナティブ | コメント:5 | トラックバック:0 |

今回のナンバーマッチング・・・反省点が多いな・・・。

今回のナンバーマッチングはなんというか俺自身の反省点が多いですね・・・。

もっとルールをわかりやすいものにすればよかったこと。
制限についてわかりやすくすればよかったことなどかなりの反省点の多いナンバーマッチングになっちゃいました・・・。
本当皆さん申し訳ないです。
こんどのナンバーマッチングではもう少しわかりやすいものにして見せます・・・。

さてと話は変わりますがアバターの服装をメイドに変えてみました。
頭は買うの困らなかったけどメイド服を買うのは一苦労でした・・・。
おかげでいまポイントは空っぽですけどね。

それと青のきゃらのSPがそろいました~~~。
エリナがかなりつぼにきました。



テーマ:アクエリアンエイジ オルタナティブ - ジャンル:ゲーム

ナンバーマッチング用 | コメント:2 | トラックバック:0 |

いよいよ、今日ですよ奥さん。

今日はナンバーマッチングです。

さてと今回はどんな戦いになるでしょうね。

参加者も多くって非常に楽しみです。

特に書くこともありませんのでこれくらいですが。

皆さんのご健闘お祈りいたします。

テーマ:アクエリアンエイジ オルタナティブ - ジャンル:ゲーム

ナンバーマッチング用 | コメント:9 | トラックバック:0 |

コマンドミッション始めました(いよいよ明日ですね)

ロックマンXコマンドミッション始めました。

だからといってなんだといわれるのがオチなのでこの話はおしまいにして。

AAAに移りましょう。

いよいよ明日ですね。

実は自分でデッキ制限かけたけどようやくデッキ決まったところ。

今回はコストが安いこといいことにいままでやらなかったことをやってみようと思う。

さてといよいよ明日ですが皆さんがんばりましょうね。

テーマ:アクエリアンエイジ オルタナティブ - ジャンル:ゲーム

アクエリアンエイジ オルタナティブ | コメント:2 | トラックバック:0 |

さらにNマッチング情報追加。

http://yosiyuki1501.blog111.fc2.com/blog-entry-82.html

とりあいず、あざかについてですが使用は可にしますがスキルに以下の制限をかけます。

・2本の棒で挟み殴り倒すこと
・2本の棒で挟み、デスルーンor邪印でダメージを取ること

この二つでこれはキャラ・MBの両方に適応させます。

使用不可にするとデッキの選択肢が減るし許可するとはめこみが可能と点で悩んだ結果。
こういう制限をかけてみることにしてみました。

みなさんがどうとるかわからないので少し不安ですがあざかについてはこれで行きたいと思います。

テーマ:アクエリアンエイジ オルタナティブ - ジャンル:ゲーム

ナンバーマッチング用 | コメント:2 | トラックバック:0 |

みなさんはどんなデッキ作る?(その一)

なんとなく思いついた企画その2(その2だろうかは置いておいて)

今回はタイトルどおりですよ。

デッキというのは人によっていろいろありますが・・・。

皆さんはどんなデッキをつくりますか?

ここではそれをガンガン行こうぜ並にコメントに書いてもらえれればOKです。

ちなみにカードの資本は全部持っている状態で考えてください。

内訳はもちろんコンボもあればそれも書いていただけたらいいなと思います。

お知らせ
また追加修正が入ったので。
くわしくは↓ジャンプしてね。
http://yosiyuki1501.blog111.fc2.com/blog-entry-82.html



テーマ:アクエリアンエイジ オルタナティブ - ジャンル:ゲーム

AAA集計会場(未定) | コメント:4 | トラックバック:0 |

妹もAAA始めました。(Nマッチング・さらに一部追加ルール追加?)

まず最初にナンバーマッチングに追加情報。
くわしくは
http://yosiyuki1501.blog111.fc2.com/blog-entry-82.html

さてと今日はタイトルどおりです。
妹もAAAを始めました。(自分で)
妹が狙うキャラ・・・。

1男キャラ
2自分が見てかわいいと思えるキャラ
3白、青、黒のキャラ

この3つです。

しかしゲームの譜面操作は私がやることになります。(本人いわくカードだけ集めるだけらしい)

ちなみに日曜日掘ったカード


C3
UC3


C2
UC2
R1
SR1

という結果に
ちなみにRは《デビル“オルガ・レフトウィック”》
SRは《太師“聞仲”》
といった引きです。

思うのはひとつ・・・俺がやってると持ってるカードが主体でレアが一切なしなのに俺が見てるとき他の人がやってると絶対に他の人がレアを当てる。
妹が言うには運を追うから運が逃げるとのことです。
まあ、そうなんだろうと思いつつも持ってないカード出てこないかなというのが本音ですよ。

テーマ:アクエリアンエイジ オルタナティブ - ジャンル:ゲーム

アクエリアンエイジ オルタナティブ | コメント:0 | トラックバック:0 |

AAA2次元小説2

なんとなく家で打っていたAAAの2次元小説2作目ができたのでお披露目。

別にお披露目しなくてもいいだけどね・・・。

だって脳内ストーリーだし誤字脱字多いし急に話しかわったりと。

見る人だっているかわからないようなものなのだけど・・・。

なんとなく公開。

とりあいずなま暖かい目で見守ってください。

苦情などはいっさいうけとりませんのであしからず。

それじゃあ。

あと前より2倍近くページが多くなってます。





夏休み・・・それはいつもどおり。




この世界は・・・この世界の地球は6つの勢力が争っている。

東方の霊力を持つ者の連合・・・阿羅耶識
西洋の魔術師達の秘密結社・・・WIZ-DOM
古の異種族の血を引くもの達の軍団・・・ダークロア
新人類を標榜する超能力者集団・・・EGO
侵略宇宙人集団・・・イレイザー
異次元からの侵略者・・・極星帝国

この6勢力が争っている地球にどこをどう間違ったのか異次元から迷い込んだ6人の青年。
その青年はこの世界に来たことにより手に入れた他人を操りその素質を覚醒させるマインドブレイカー。
その力とこの世界に迷い込む前に持っていたたぐいまれない能力でこの戦いを終わらせることを決意。
こうして6人のMB(マインドブレイカー)の物語が幕をあけるが・・・。

夏休みの話しですよ。

第1章

シグルド「夏だ~~~!!!」
クロノ「海だ~~~~!!!」
カズヤ「プールだ~~~!!!」

夏の大型レジャー施設でシグルド、クロノ、カズヤがそう叫ぶとその目の前にはいろいろのプールアトラクションが映る。

リュウガ「ガキだな・・・」
シンヤ「まあ、いいじゃあないのか?」
アキラ「俺らは暑いから叫びたくなくないけどな・・・」

リュウガがそんな三人を見て言うとシンヤがいいじゃあないのかと言うとアキラがそう答える。

アキラ「しかし・・・広いな・・・」
新名「お父さんに聞いてみたらここが一番大きいって聞いたからね」
美奈「あ、どうりで昨日新名ちゃんが昨日ばたばた騒いでいただね」

アキラがプールを見てそういうとサイキック女子高生"斎木新名"がそういうとリデューサー"斎木美奈"がそういう。

カマエル「元気ですねシグルド」
ィアーリス「まったくだな」
シグルド「なんでィアーリスが俺達と同じサイズなの!?」
ィアーリス「イレイザーの技術で作られた普段は普通の人間と同じサイズでいられる装置を装備しているから問題なしというわけだ」
カマエル「さすがはイレイザーと言えますね」
シグルド「カマエルもイレイザーじゃあないの?」
カマエル「私はさすがにそういった装置があるのは知りませんでしたから」

アークエンジェル"カマエル"がシグルドを見てそういうと女帝竜"ィアーリス"が同意するとシグルドがィアーリスの大きさになんでと鋭い質問するとィアーリスが腕につけた腕輪を見せるとカマエルがそういうとシグルドがカマエルになんでと聞くとカマエルがそう答える。

栞「そういえば身長mクラスの人って何人くらい居た?」
清音「EGO,阿羅耶識、WIZ-DOM以外に一人はいると思いますよ」
リュウガ「・・・今の時点だとティアマト、女禍、ィアーリス、ルニァぐらいだと思うが」

凪巫女"鹿島栞"が聞くと笛巫女"篠宮清音"そういうとリュウガが覚えている相手の名前をあげる。

ディーウィ「大きいですね・・・」
アヌビス「人が多いですね」
シンヤ「こう暑いとやっぱり暑さから逃れたいだろうな・・・それにこの時期は稼ぎ時だからな・・・」

ディーウィ"神妃パールヴァティ"と葬神"アヌビス"が大きさや人口密度に驚いているとシンヤガそうだろうなと呟く。

クロノ「歩き回るには時間掛かるかも・・・」
ソフィエル「え、歩き回るですかぁ?」
ハニエル「・・・・・・・・無謀な気がするだけど外から見たときも相当大きかったし・・・この建物」
クロノ「むしろ燃える!!!」

クロノが周りを見てそういうとスレイブメイド"ソフィエル"がびっくりした表情でいうとビハインド・エンジェル"ハニエル"が無謀のような気がするけどと言うとクロノが拳を握ってそう答える。

ルツィエ「・・・・・」
マギナ「どうしたの、ルツィエ」
ルツィエ「なんで、こういうことに呼び出されるだろうと思っただけよ」

マークドウィッチ"ルツィエ・フォン・フリッシュ"が黙っているとスペルライター"マギナ・マグス"が聞くとルツィエが溜息をついてそう答える。

クロノ「あれ、カズヤは?」
ソフィエル「そういえばいませんね」
シグルド「俺達と一緒にいたよね」
ィアーリス「叫んでいたな」
リュウガ「というか・・・こういうのが好きなあいつが居ないのが珍しい・・・」
栞「そうなの?」
シンヤ「あいつはレジャー大好きだからな・・・いろいろな意味で・・・」
アヌビス「いろいろな意味で?」
アキラ「あいつがボケるの最適な環境だからな」
新名「ボケると手がつけられないだけ?」
ルツィエ「・・・どこにいったのよカズヤは・・・」
男性陣「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
カズヤ「我が人生に悔いは無しーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!」
全員「え~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!」

クロノがあれと顔で言うとソフィエルがきょろきょろと周りを見るとシグルドがさっき一緒に居たよねと聞くとィアーリスが叫んでいたなと答える。
そんな姿を見せないカズヤにリュウガが言うと栞がそうなのと聞くとシンヤが説明するとアヌビスがどういうことと首を傾げるとアキラがそういうと新名が言うとルツィエがいったいどこにいったのよというと男性陣が嫌な予感と思い黙っているとどこからともなく右腕を天にあげてカズヤがプール内で叫ぶと全員がなんでと叫んだ。

リュウガ「そんなところに居たのか!!!」
シグルド「というかもうプールに入っていたの!?」
カズヤ「YES」
ルツィエ「マーク・・・オブ・・・ファイア!!!」
カズヤ「ぎゃぁああああ!!!」

リュウガが聞くとシグルドが先に入っていたのと聞くとカズヤがそういうとルツィエが攻撃力をあげた光弾でカズヤを撃つとカズヤが被弾して悲鳴をあげる。

カズヤ「な・・・なぜ」
ルツィエ「なんとなくむかついたから」
カズヤ「理不尽だ」
ルツィエ「だまりなさい、犬」
女性陣「ルツィエさん!?」
男性陣「なんかピンク髪のご主人様が入ってない?」

カズヤが質問するとルツィエがそういうとルツィエがそう答えるとカズヤがそういうとルツィエがそう答えるとルツィエの反応にびっくりすると男性陣がルツィエを見てそう言う。

クロノ「どうする俺ら」
シグルド「そうだね」
アキラ「自由行動でいいか」
リュウガ「そうだな」

クロノがどうすると聞くとシグルドがどうするかと表情で答えるとアキラが自由行動でいいだろうと言うとリュウガがそうだなと答える。

ディーウィ「じゃあ私はプールに」
アヌビス「そうですね」
ルツィエ「私も入ろうかな」
マギナ「入りましょうか」
リュウガ「ストップ、入るなら準備運動をしてからだ」

ディーウィとアヌビスがそういうとルツィエとマギナも入ろうと言うとリュウガが待てと止める。

シグルド「あ、そうか」
クロノ「水に入る時は準備運動するが基本だよね」
シンヤ「忘れていた」
アキラ「溺れたくないからな」
リュウガ「そういうわけだ」
ィアーリス「しないとどうなる?」
リュウガ「ああなる」

シグルドがそうか表情で言うとクロノがそうだったねと言うとシンヤが忘れていたというとアキラが溺れたくないなというとリュウガがそうだと言うとィアーリスが質問するとリュウガが指をさす。

カズヤ「あああ~~~~!!!!足が!!!足を吊った!!!」
リュウガ「ああなる」
美奈「お、溺れている?!」
新名「溺れているね・・・」
リュウガ「ああなりたくないなら準備運動しておいたほうがいい」
カズヤ「ぎゃあああ~~~○ッ○イがゾ○が足を足をつまんで俺を水に引きずりこもうとしている!!!」
アキラ「なんで、そんな○Sの名前が出る!!!」
カズヤ「○リ○ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!」
シグルド「まったく関係無い人の名前出たよ!!!」
マギナ「って助けなくっていいですか!!!」
ルツィエ「大丈夫でしょう、あれで死ぬんだったら見てみたいわ」
アヌビス「ルツェイさん、自分のMBを見捨てるですか?」
ルツィエ「どうせアーマー装備して出てくるわよ」
カズヤ「ドザエモン」
ルツィエ「・・・・・・・・・オルタレーション・・・ミストルティン!!!」
カズヤ「うぎゃぁあああああああああ!!!」

カズヤが足をつったように水の中で暴れるがリュウガは平然に指を指していうと美奈が驚いた様子で言うと新名が溺れていると言うがリュウガは淡々というとカズヤが叫ぶとアキラがなんでそんなもののプールに存在していると言うとカズヤがさらにそう叫ぶとシグルドがなんでと大声で言う。
マギナがそう叫ぶとルツィエが問題無いでしょうと言うとアヌビスがルツィエに聞くとルツィエがそういうとカズヤが仰向けでそういってプールにわざと浮かぶとルツィエはそれを見てしばらく沈黙した後に遠慮することなく[オルタレーションカードミストルティン]カズヤに狙いを定めて発動すると一本の太いレーザーがカズヤを打ち抜くとカズヤは悲鳴をあげながら空を舞った。

ルツィエ「ふう・・・」
マギナ「る、ルツィエ・・・」
ルツィエ「ありがとうね、マギナ。貴方のおかげであの馬鹿犬にコスト2でミストルティンを撃てたわ」
ィアーリス「・・・まさか・・・躊躇なくMBにオルタレーションを打ち込む者がいるとは・・・」
ハニエル「嘘でしょう・・・」
アヌビス「普通はですけど・・・」
ソフィエル「ルツィエさんは普通にしますよ・・・カズヤさんが相手だと・・・」
清音「あの・・・カズヤさん戻ってくるでしょうか」
美奈「無理そうな気がするけど」
カマエル「はでに飛びましたからね」
ハニエル「というか普通の人間は死んでいるじゃあないの?」
新名「うん、普通の人はね」
ディーウィ「大丈夫だと思いますよ・・・カズヤさんですから」
マギナ「・・・あれ、なんか光りましたけど」

ルツィエが溜息をつくとマギナが貴方はと表情でルツィエを見て言うとルツィエがそう言うとィアーリスは躊躇がないのかと表情で言うハニエルが唖然とするとアヌビスがこくりと頷くとソフィエルが説明する。
清音が空を見てそういうと美奈が無理だと思いますというとカマエルが派手に飛びましたしと言うとハニエルが疑問をぶつけると新名が普通の人はねと答えるとディーウィが大丈夫だと思うというとがマギナが空に光った光を見て言った次の瞬間地面に轟音を立てて何か衝突するとけむりと共に青と赤と白のコントラストの機械兵が姿を見せて立ちあがった。

カズヤ「危なかった」
女性陣「も、戻ってきた~~~!!!」
ルツィエ「戻って来るとは思っていたから私は驚かないけどね」
カズヤ「まさか、ふざけたらミストルティンが来ると思わなかった」
マギナ「ど、どこからふざけていたですかぁ?」
カズヤ「ドザエモン」
男性陣「え、それまで本当に溺れていたのか!?」
カズヤ「ああ、ヘヴィだったぜ」

機械アーマーの中からカズヤがそういうと女性陣がありえないと声でいうがルツィエはあっさりとした表情で言うとカズヤがまさかと感じで言うとマギナが質問するとカズヤが腕を組んで言うと男性陣が嘘だろうと言うとカズヤが思い出にふけながらそう答えた。

リュウガ「まあ、とりあいず準備運動を開始するか」
カズヤ「そうしようか」
リュウガ「お前、アーマーをつけたまま準備運動するつもりか?
カズヤ「まさか、ちゃんとアーマーを外すよ」
ルツィエ「まあ、ここの天井が開閉可能でよかったわ」
マギナ「ミストルティンで吹き飛ばしたのにそれだけなの・・・」
ハニエル「普通は大丈夫とか一言あってもいいと思うけど」
ディーウィ「この二人は何時ものことなの」

リュウガがそういうとカズヤがそうするかと答えるとリュウガがアーマーをつけたまま準備運動するのかと聞くとカズヤがそんなわけないだろうと答えるとルツィエが天井を見てそういうとマギナがそれだけと冷や汗をかいた声で言うとハニエルが普通はと言うとディーウィはこれがこの二人とっていつものことなのと言った。



第2章

(シグルドの場合)

シグルド「とりあえず、ゲームセンターエリアに来て見た」
カマエル「泳がないですか?」
シグルド「今はね」
ィアーリス「いろいろな機械がずらりとならんでいるな」
シグルド「ゲームセンターだから」

自由行動でシグルドが来たところはゲームセンターでカマエルが泳がないですかと聞くとシグルドが今はと答えるとィアーリスが周りを見てそういうとシグルドがゲームセンターだからと答える。

シグルド「エアホッケーしよう」
カマエル「ずいぶんと定番ですね」
ィアーリス「するのはいいが三人だぞ?」
シグルド「じゃあ最初に二人どうぞ」
カマエル「しないですか」
シグルド「リーグ戦ということで」

シグルドがエアホッケーの機械を指差して言うカマエルが定番ですねと言うとィアーリスが人数を見て言うとシグルドがそういうとカマエルが自分で言ってしないですかと言うとシグルドがリーグ戦と言うことでと言う。

ィアーリス「それでルールは?」
シグルド「そこにあるパットでこの円盤を打ち合って相手のゴールにいれるだけの簡単なルール」
ィアーリス「なるほど、これでこの円盤を飛ばして相手のゴールにいれればいいわけだな」
シグルド「うん」
カマエル「それじゃあ始めましょう」
ィアーリス「そうだな」

ィアーリスがルールの説明を求めるとシグルドが簡単に説明するとィアーリスが理解するとシグルドがそうと答えるとカマエルがパットを持ってそういうとィアーリスもパットを持った。

(クロノの場合)

クロノは別館2号の水族館に来ている。

ソフィエル「ご主人様、ご主人様、見てください大きなお魚が泳いでいますよ」
クロノ「うん、そうだね」
ハニエル「水族館まであるだねぇ、ここ」
クロノ「俺らが居る場所は別館2号の水族館だね」

ソフィエルが水の中を泳いでいる魚を指差して言うとクロノもそれを見てそうだねと答えるとハニエルが水族館もあるだねというとクロノが地図を開いてそう言う。

ソフィエル「皆さんどうしていますかね」
クロノ「どこにいるだろうね」
ハニエル「場所は確認できるの?」
クロノ「いちおう各自携帯電話をもっているけど基本的に電源が入っていることはないけど」
ソフィエル「それって持っている意味がないじゃあ・・・」

ソフィエルが皆さんはどうしていますかねと言うとクロノがハニエルが聞くとクロノがポケットから電源の入ってない携帯を取り出すとソフィエルが意味が無いじゃあと苦笑する。

クロノ「まあ、俺らが動くってないから位置を把握する必要は無いと思うけどね」
ハニエル「なんというか・・・連絡取るの面倒くさがってない?」
クロノ「それに緊急用の連絡装置もあるし平気だよ」
ソフィエル「あ、緊急用の連絡装置があるですね」
クロノ「そう、だからあんまり気にしなくてもいいだよね」

クロノがそういうとハニエルが連絡を取るの面倒くさがってないと言うとクロノがそういうとソフィエルがあるですねというとクロノがそうだよと答える。

クロノ「さあ、さらに奥に行こう」
ソフィエル「そうですね、ご主人様がそういうならそうしましょう」
ハニエル「なんか、はぐらかされたような気がするけど・・・」
クロノ「気のせい、気のせい」

クロノがそういうとソフィエルがそうですねと答えるとハニエルがさっきの質問をはぐらかせたような気がするけどというとクロノが気のせいだよというと歩き出した。

(アキラの場合)

そのころアキラは美奈と新名の買物に付き合っていた。

アキラ「よいしょ」
美奈「大丈夫?」
アキラ「これくらいの荷物なら問題はない」
新名「インダストリー社で使うパーツを買ってきてと言われていたから」
アキラ「ITSUKIインダストリーには俺も世話になっているからな」

アキラが大量の荷物を持って掛け声とともに持ち上げると美奈が聞くとアキラが問題ないと答えると新名がそういうとアキラが俺も世話になっているからと答える。

アキラ「それにこの程度アーマーの重量過多に比べたらまったく気にならないし」
新名「そうなの?」
アキラ「ああ・・・あれは凄い・・・とてもじゃないがアーマーをまともに動かせない」
美奈「え、それ初耳」
アキラ「俺とシンヤのアーマーは機動の7割は全て脚部だから、脚部が堪えない重量を抱えると歩くことすら苦労することになる」

アキラがそういうと新名が首を傾げるとアキラがそういうと美奈が初耳というとアキラが説明する。

新名「カズヤ達のアーマーはどう違うの?」
アキラ「あいつらのアーマーは素材が違うだよ」
美奈「そうなの?」
アキラ「それに俺らとカズヤとリュウガのアーマーは元々人が乗るものを人がつけられるように再設計作りなおされたアーマーだ」
新名「シグルドとクロノは?」
アキラ「あれは装着タイプだから一番運動性が高い」

新名がどう違うのと聞くとアキラは素材が違うと答えると美奈が首を傾げていうとアキラがそう説明すると新名がシグルドとクロノはと新名がそういうとアキラがそう言う。

(リュウガの場合)

そのころリュウガが和菓子店で品を物色している。

リュウガ「お茶菓子・・・お茶菓子と・・・」
栞「なんで?」
リュウガ「阿羅耶識といったらお茶だろうお茶といったらお茶菓子だ」
清音「そ、そうですか」
リュウガ「それでなくとも客人の出迎えとかで使うからストックはあったほうがいいだろうな」
栞「じゃあ、あとで茶道する?」
リュウガ「あ、悪くないな」

リュウガが和菓子を見ながらそういうと栞がなんでと聞くとリュウガがそういうと清音がそうなんですかと言うとリュウガがそれでもなくと答えると栞が笑顔で言うとリュウガが悪くないと答える。

清音「ところで一体なにを買います?」
リュウガ「ヨウカン、せんべい、饅頭くらいかな」
栞「普通だね」
リュウガ「普通が一番だよ普通が・・・」
清音「なんだか、その言いかた・・・意味深かげですけど」
栞「どうしたの?」
リュウガ「前にカズヤが・・・ロシアンシュークリームを作ってな」
清音「災難ですね・・・」
リュウガ「当たりを引いたし」
栞「確率は?」
リュウガ「48/1」
栞「リュウガって運が悪い?」

清音がなにを買いますと聞くとリュウガがいくつか例をあげると栞が普通だねというとリュウガは普通が一番だと言うと清音がなんだかと声で聞くと栞もどうしたのと聞くとリュウガがそういうと清音が災難ですねと言うとリュウガが当たりを引いたしと言うと栞が確率は幾つと聞くとリュウガがそういうと栞は運が悪いねと言う。

リュウガ「だろうな・・・」
清音「そんな、落ち込まなくてもきっといいことありますよ」
リュウガ「どうだろうな・・・」
栞「元気だし、前向きに行かないと」
リュウガ「そうだな・・・前向きに行かないと途中で挫折しそうだ・・・」

リュウガがそうだろうなと言うと清音が大丈夫ですよと言うとリュウガがどうだろうなと答えると栞が元気で行かないという言うとリュウガがそうだなと答えた。




第3章

ディーウィ「水が気持ちいいですね」
アヌビス「そうですね」

そのころプールではディーウィとアヌビスがワンピースの水着を着てプール中でそういう。

マギナ「楽しいですね」
ルツィエ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
マギナ「どうしました、ルツィエ?」
ルツィエ「ねえ、マギナ・・・貴方本当に私と同級生?」
マギナ「そうですけど」
ルツィエ「そう・・・」

ビキニを着ているマギナがプールの中でそういうとディーウィ達と同じタイプのワンピースを着たルツィエがマギナを見ているとマギナがどうしましたと聞くとルツィエが聞くとマギナがそうですけどとと答えるとルツィエがそうと答える。

マギナ「あ、あのルツィエどうしました」
ルツィエ「別に、何を食べたらそこまで胸がでかくなるのと思っただけよ」
ディーウィ「うらやましいですよね・・・」
アヌビス「女神がそんなことにうらやましいというのも・・・」
ディーウィ「いろいろあるですよぉ、いろいろと・・・」
ルツィエ「胸がある者はそういうのよ・・・」

マギナが気になって聞くとルツィエが別にというとディーウィがうらやましいですよねというとアヌビスが言うとディーウィがいろいろとあるですというとルツィエがそういう。

シンヤ「なんだか・・・また」
カズヤ「うん・・・まただね」

シンヤがそんなやり取りを見て言うとカズヤがそうだねと答える。

シンヤ「止めないのか?」
カズヤ「前みたい目に会いたくないから」
シンヤ「なるほど」

シンヤがそういうとカズヤがそういうとシンヤが苦笑して言う。

ルツィエ「というかあんたも結構あるわね・・・」
アヌビス「え、私は小さいほうですよ」
ディーウィ「ダークロアは胸が大きい人多いですから・・・」
マギナ「でも、他の勢力のひとも大きい人いますよ」
カズヤ「むしろ小さい人を探すのが難しいような」
ルツィエ「マーク・オブ・ファイア!!!」
カズヤ「うわあぁああああ!!!」
シンヤ「止めるつもりないといいながら口出して吹き飛ぶだなぁ・・・カズヤ」

ルツィエがそういうとアヌビスが私は小さいほうですよというとディーウィがダークロアの面々を思い出していうとマギナが他の勢力にもいますよというとカズヤがむしろ小さい人間を探すのが難しいと言うとルツィエが容赦無しのスキルを打ち込むとカズヤがそれを受けて上空に吹き飛ぶとシンヤがしんみとした表情で言う。

ソフィエル「あの、何があったですかぁ」
シンヤ「あれ、もう来たのか」
クロノ「うん、水族館だけど一通り回ったからプールに来たわけ」
ハニエル「ところでカズヤが派手に飛んだけどなんで?」
ルツィエ「知らないわ、勝手に飛んで行ったのよ」

そこにソフィエルが水着の上にパーカーを着て現れるとシンヤがもう来たのかと聞くとクロノがそうだよと答えるとハニエルが白い競泳水着で顔を見せるとルツィエが知らないわよと答える。

クロノ「また飛ばされたのカズヤは」
シンヤ「余計なことを言ってなぁ」
ソフィエル「なんていうか・・・懲りないですよねカズヤさん」
ディーウィ「何時ものことですから」
ソフィエル「そのうち帰ってきますよね」
ディーウィ「そろそろ落ちてくると思いますよ・・・飛んだ時間を考えると」
シンヤ「落ちてきたみたいだ」

クロノがそういうとシンヤがそうだと答えるとソフィエルが苦笑するとディーウィも何時ものことですからと言うとソフィエルがそういうとディーウィが空を見上げて言うとシンヤが戻ってきたなというとプールに高速で落下して派手に水飛沫が舞う。

カズヤ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
シンヤ「アーマー付けなかったのか?」
クロノ「つけて落ちてくるかと思っただけど」
カズヤ「・・・いや・・・つける余裕がなかった・・・」

カズヤがプールにぷっかりと浮かぶとシンヤがそう聞くとクロノもそういうとカズヤがつける余裕が無かったと答える。

ルツィエ「ち、ちょっと何やっているのよ!?あんた・・・アーマー付けて落ちてくると思ってふっ飛ばしたのにつけないで落ちてくるなんて!!!」
カズヤ「だからつけている余裕がなかっただって・・・」
シンヤ「何があった」
カズヤ「いや、飛んだあとにカラスの群れに突っ込んでカラスと戦闘していたら」
クロノ「なるほど、気がついた時は遅かったというわけね」
カズヤ「その通りだ」
ソフィエル「というかカラスと戦闘って」
アヌビス「なんていうか運命の秤にかけてみたいと個人的に興味があります」
シンヤ「よせ、そうしたら絶対にコイツは地獄行きだから」
アヌビス「え?」

ルツィエがなにやっているのよカズヤの傍に来て言うとカズヤが顔を水面からあげて言うとシンヤが聞くとカズヤが激しい空中戦があったというとクロノが苦笑して言うとカズヤがその通りだというとソフィエルが普通はしませんよと顔をするとアヌビスが個人的に興味がありますというとシンヤが即答で言うとアヌビスが不思議な顔をする。

クロノ「だってボケのカズヤなんてBR、BS、小道具と偽っての凶器(分銅付き鎖鎌、ゴツゴツした刃こぼれした斧、鎖付きトゲトゲ鉄球、鉄球発射装置、鋼鉄のハンマー、縁の部分にギザギザ刃物がついたブーメラン、地雷、プラズマキャノン、イオン砲、グレネードランチャー、衝撃放出レーザーロッド、炸裂弾仕様バズーカー砲、射突用ブレード、ヤシの実、水揚げされたクロマグロ、水揚げされたサンマ手裏剣、etc)黒い笑み、相手に取って致命的な一言を笑って言う、理論的なことをいって言い包める、関節締め上げなどかな」
ルツィエ「・・・・・・・・・・・・・・・・というかなによその小道具とは思えない武器の数々は」
シンヤ「だから小道具と偽っての凶器と言っただろう」
マギナ「えっと・・・アヌビスさん・・・」
アヌビス「多分容赦無しの確実に地獄行きですね・・・測らなくても」
クロノ「でも、大抵はリュウガか俺らの知り合いの魔王が被害を受けるだけどねぇ」
ディーウィ「だからリュウガさんは馴れた様子で対応するですね」
シンヤ「馴れてないと100%とあいつのペースに嵌まって抜け出すことが出来ない」

クロノが説明するとルツィエがそれ小道具とはいわないわよと言うとシンヤがだからと言うとマギナが苦笑してアヌビスを見るとアヌビスが間違い無くと言うとクロノがでもねと表情で言うとディーウィがだからリュウガさんの対応が凄いですねと言うとシンヤが青ざめた表情で言う。

クロノ「それにあれ自身が強いから戦闘しかけても勝てないだよね」
シンヤ「あのカズヤと真正面から戦えば勝率一割未満だからな」
ソフィエル「そんなに強いですか?」
クロノ「高火力、高機動力、高防御力、レンジ無視の攻撃範囲と4拍子だからね」
シンヤ「ちなみに俺らはあいつにダメージを与えたことがない」
クロノ「リュウガは奇跡で一度落としたことあるみたいだけどそのあとは奇跡だと証明するように一度も落とすことが出来ないらしいよ」
シンヤ「同等に戦えるのは能力が充実していて武装も多く装備できるしレンジも殆ど無視できるシグルドくらいだな」

クロノがそういうとシンヤが自殺行為というとソフィエルが首を傾げるとクロノがそういうとシンヤが俺達はダメージを与えたことはないというとクロノが一応と感じで言うとシンヤが同等の能力をもっているのはシグルドくらいだろうと言う。

クロノ「そう言う点でいうとルツィエは凄いなと思うだよね」
シンヤ「ああ、まさかカズヤにあれほど攻撃、ダメージを与えるのは前例が無い」
ルツィエ「そ、そうなの」
ハニエル「つまりルツィエはカズヤがより獰猛で凶暴ということ?」
ルツィエ「ハニエル、はめルーンされたい?」
ハニエル「そ、それは勘弁して」

クロノがそういうとシンヤも同意するとルツィエが少し唖然と顔で言うとハニエルが笑っていうとルツィエがどこから取り出しのか分らないが[オルタレーションカードデスルーン]を取り出していうとハニエルが苦笑して謝る。

ルツィエ「まあ、その話しは置いておくとして」
アヌビス「お、置いておくですか」
ルツィエ「そうよ、とりあいず今は・・・いい加減何時までドザエモンしているのよカズヤ」
カズヤ「とりあいず、何も言うことがないのでドザエモンをしていました」
ルツィエ「というか苦しくなかったわけ?」
カズヤ「エアボンベを使えば問題無し」
クロノ「なんでプールで泳ぐだけにそんなもの持って来ているの・・・というかどこから出したの」
カズヤ「空想具現化」
シンヤ「そんな便利な能力無いだろう」

ルツィエがとりあいずというとアヌビスが置いておいていいですかと言うとルツィエがそうよといったあとにカズヤに向かっていうとカズヤがそういうとルツィエが苦しくなかったのと言うとカズヤが親指立ててそういうとその背中には酸素ボンベが背負ってあるとクロノがなんでと表情でいうとカズヤがそういうとシンヤがそうツッコミをいれた。



第4章

再びプールに入ってない3組に話しを戻しますよ。


シグルド「・・・・・・!!!」
カマエル「凄いですね」
シグルド「・・・・・・・・・・!!!」

シグルドが玩具の銃をもって画面に向かってトリガーを引くと画面内の銃を構えた人間が倒れるとカマエルがそういうとシグルドがさらに現れた人間をみて画面外を撃って即座に弾をリロードするとその敵を撃ち落とす。

シグルド「♪」
ィアーリス「ありえん・・・出て来た相手に即座に反射するとありえん」
シグルド「♪♪♪」

シグルドが楽しそうに口笛を吹きながらガンコンのトリガーを連射するように引くとィアーリスがシグルドの反応にありえんというとシグルドが口笛吹きながら的確にトリガーを引いてはリロールする。

シグルド「一面クリア~~~」
カマエル「ノーダメージクリアですね」
ィアーリス「人間の反射神経でないと思うが」
シグルド「俺は普通のほうだよ。カズヤやクロノなんていつも2丁でやっているし」
カマエル「2丁拳銃というの普通は無理だと思いますよ」
シグルド「でもね、あの二人はやっちゃうだよぉ・・・問題無くクリアするだぁ」

シグルドがそういってガンコンを持っている手を上にあげていうとカマエルがスコアを見ていうとィアーリスがそういうとシグルドが普通だよと言うとカマエルが無理だと思いますがと言うとシグルドが苦笑して言う。

ィアーリス「ありえんな」
シグルド「でもカズヤやクロノは武装に2丁拳銃があるから」
カマエル「だから練習をかねて2丁でやるですかぁ」
シグルド「あのふたりはね」

ィアーリスがそういうとシグルドがそういうとカマエルがだからというとシグルドがこくりと頷いて言う。

(アキラの場合)

アキラ「・・・」
新名「・・・」
アキラ「ディフェンス!!!」
美奈「すご・・・」

バスケットコートでアキラと新名が対峙するとアキラが常人をこえた相手の視界180℃を見えなくする高速ディフェンスを張ると観戦している美奈がその人外の動きに驚きの声をあげる。

新名「そんなの1歩下がってスリーポイント狙えば・・・」
アキラ「させん~~~~~~~!!!」
新名「ええええ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!」

新名がワンステップ分バックしてシュートすると即座にディフェンスを解除してゴールポストに高速で移動してそれを阻止すると新名が嘘ででしょうと声をあげるがその直後飛びすぎてアキラが天井に頭がめり込んだ。

美奈「・・・・・・・・・・・・」
新名「・・・・・・・・・・・・」
アキラ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

そんな様子に美奈と新名が固まるとアキラがぶらんと天井をゆらゆらしている。

美奈「大丈夫かな・・・アキラさん」
新名「はでにぶつかっていたからね・・・」
アキラ「あたたたたた・・・・・・・・・・・・・・・」

美奈がそういうと新名が苦笑していうとアキラが両手で天井から頭を抜いて降りてくると頭を押さえて言う。

美奈「大丈夫?」
アキラ「リミッターかけず飛んじまったらからもろに頭から天井に当たった」
新名「というか天井に頭をぶつけたのにタンコブひとつで済むのが凄いだけど」
アキラ「いちおう一応人外ですから」

美奈が大丈夫と聞くとアキラがそういうと新名がタンコブ一つで済むのがすごいと言うとアキラがいちおうと答える。

アキラ「それにあいつらとスポーツやる時はリミッター解除が基本」
美奈「なんで?」
アキラ「あいつら本気でやるからだ」
新名「本気といっても別にリミッター解除は関係無いと思うけど」
アキラ「BR,BS、セイバー、レーザーライフル、ASミサイルとかが飛び交っていても・・・」
美奈「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
新名「すでにスポーツじゃあないと思う」
アキラ「それでもスポーツになるだよあいつらが言うにはスポーツだと・・・」

アキラがそういうと美奈が首を傾げるとアキラがそう答えると新名が関係無いと思うけどと言うとアキラが真顔で言うと美奈が沈黙すると新名が苦笑して言うとアキラが溜息をついてそう言った。

(リュウガの場合)

リュウガ「和楽器か・・・」
清音「興味ありますか、リュウガさん」
リュウガ「まあ・・・興味はあるな」
栞「また、そんなこといって~~~」

リュウガが和楽器を見て言うと清音が聞くとリュウガがそうだなと表情で言うと栞が嘘はだめだよと言う。

リュウガ「いや・・・こないだ和楽器に触れる機会があってな」
清音「どういうことですか?」
リュウガ「あざかの日舞を見たときに和楽器を触ってな」
清音「そうですか」
リュウガ「あと・・・日舞を見た後に美鈴と活け花をしてその後に桃子と果実酒つくりして沖田と夢判断をしたかな・・・」
栞「なんだかさりげに阿羅耶識に溶け込んでいる?」
リュウガ「まあ、普通に挨拶しているし」
清音「溶け込んでいますね」
リュウガ「どっちかというと俺らはとけこめるからな・・・」
清音「というかとけこみすぎなような気もしますけど・・・」

リュウガがそういうと清音が首を傾げるとリュウガが説明すると清音が見にいったですねと言うとリュウガが見た後の行動も説明すると栞がとけこんでないと言うとリュウガがそういうと清音がとけこんでいますねとリュウガは自分達がとけこむやすい性格かもしれないと言うと清音がとけこみすぎていますよと言う。



第5章

それから一時間後のプールでは・・・・・・・・。

クロノ「はでに飛んだなまた」
シンヤ「そうだな」

そのころプールでは派手な爆発音と共にクロノとシンヤが空を見る。

アキラ「・・・・・というかなんだこの戦闘しているような爆発音」
クロノ「あ、アキラも来たの?」
新名「バスケで汗かいちゃったからね」
美奈「凄かったよ新名ちゃんとアキラさんのバスケ」
シンヤ「付いて行けたのかアキラに・・・」
アキラ「普通にやっていたからな普通に人外でなく普通の人間レベルで」

アキラがなんだこの派手になっている爆発音はと聞くとクロノが来たのというと新名がスポーツタイプの水着を美奈はワンピースの水着で現れるとシンヤがそういうとアキラがそういう。

リュウガ「というか何が起こっている」
クロノ「リュウガも来たの」
リュウガ「ああ、ところでなにが起こっている」
クロノ「え・・・・えっと・・・胸の話しで」
リュウガ「またか・・・」
シンヤ「ソフィエルがパーカーで水着隠していたからそれを剥いだらその大きさに愕然としたところにカズヤがよけいなこと言ったから・・・」
リュウガ「あいつは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
清音「よくケンカしますね・・・」
栞「うん・・・なんでかな・・・」

リュウガは何が起こっているというとクロノが来たのというとリュウガがそうだと答えたあとに何があったというとクロノとシンヤが苦笑して言うとリュウガが溜息をつくとシンヤがそういうとリュウガが呆れると清音と栞がセパレードの水着で言う。

ルツィエ「ふん!」
マギナ「三回目のミストルティンですね・・・」
ソフィエル「だ、大丈夫でしょうか・・・」
ハニエル「さあ・・・」
ルツィエ「放っておけばいいのよ」

ルツィエが怒るとマギナがそういうとソフィエルが大丈夫でしょうかというとハニエルがどうだろうと答えるとルツィエが放っておけばいいのよと言う。

シグルド「みんな、もう付いていたんだ」
クロノ「ようやく、来た」
シグルド「予想以上にゲームセンターで時間取っちゃって」
カマエル「メダル100枚が1000枚まで膨らみましたけど」
ィアーリス「まさかあのメダルゲームであそこまで増えるとは思わなかったが」
シグルド「当たりと外れがあるけど当たりのゲームなりと手持ちの2倍くらいは増えるよ」

そこにようやくシグルドが来るとクロノがようやくと来たというとシグルドがそういうとスクール水着のカマエルとビキニを着たィアーリスが言うとシグルドが笑顔で言う。

ルツィエ「ちょっとカマエル」
カマエル「なんでしょうか」
ルツィエ「なんでスクール水着なのよ!!!」
カマエル「一番身体にあうので」
ハニエル「さすがにスクール水着はありえないよ」
マギナ「というかイレイザーってなんでスクール水着を知っているでしょうか?」
清音「ですよね」
ディーウィ「さすがに着るには勇気がいると思いますけど・・・」

ルツィエがカマエルに声をかけるとカマエルがなんでしょうかと言うとルツィエがなんでというとカマエルが答えるとハニエルが普通はないでしょうと言うとマギナが疑問を口にすると清音がですよねというとディーウィがさすがにと表情で言う。

ルツィエ「名札もきっちり再現しているわね・・・」
ソフィエル「3-A組だそうです」
ルツィエ「アバターアイテムのレジェンドじゃああるまいし・・・」
ソフィエル「ですよね」
新名「というかそれがイレイザーの技術と言われたらがっくりしそう・・・」
ルツィエ「そうだとしたら絶対にイレイザーって何と言いたくなるわ」
カマエル「それは言わないでください」

ルツィエがそういうとソフィエルが言うとルツィエがそういうとソフィエルがですよねと言うと新名が呆れた表情で言うとルツィエがそういうとカマエルが言わないでくださいと言う。


シンヤ「・・・・・・・・・そういえばカズヤ・・・戻ってこないな」
シグルド「どうしたの」
クロノ「ルツィエに三度の目のミストルティンを受けて空に舞っただけど・・・帰ってこないだよね」
シグルド「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・そうなの」
ィアーリス「そもそも、そんなに胸を気にする必要があるのか?」
マギナ「なんでも胸が大きいと母性本能も強いと聞きますよ」
ィアーリス「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
カマエル「なんでそこで黙るですかぁ?」
ィアーリス「いや」
ディーウィ「・・・・・・・・・」
ルツィエ「なに確認しているのよ」
ディーウィ「か、確認なんてしていません~~~!!!

シンヤはカズヤが帰ってこないことにそういうとシグルドがどうしたと聞くとクロノがそういうとまたと表情で言うとィアーリスが質問するとマギナがいうとィアーリスがなるほどと表情で黙っているとカマエルが言うとィアーリスが答えるとディーウィが自分の胸を見ているとルツィエがそういうとディーウィがボンと真っ赤になって首を振って答える。

ハニエル「というかルツィエは確認しないの」
ルツィエ「な・ん・で・す・っ・て・も・う・一・度・言・っ・て・み・な・さ・い・・・・・・」
アヌビス「魔力が大幅に上がりましたよ・・・」
ハニエル「なんで~~~!!!」
ルツィエ「ふふふ・・・言って良いこと悪いことがあるの知っている?」
ハニエル「え・・・えっと・・・」
カズヤ「洗濯板で洗いましょう、洗濯板に洗剤つけて~♪ゴジゴシとあら、洗濯物が綺麗になりましたよ♪」
ルツィエ「オルタレーション・・・デスルーン!!!」
カズヤ「ぎゃあぁああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!」

ハニエルがそういうとルツィエが低い声でそういうとアヌビスが驚いた表情で言うとハニエルがなんでと叫ぶとルツィエがそ据わった目で言うとハニエルがどうしょうと言うとルツィエの後ろのほうでカズヤが楽しそうに歌うとルツィエが[オルタレーションカードデスルーン]カズヤにむけて発動すると竜巻がカズヤを巻きこむとカズヤが悲鳴をあげた。


ソフィエル「で、デスルーン・・・」
マギナ「か、カズヤさん?!」
ルツィエ「さあ、続けましょうか」
ハニエル「な、なんで!?」
ディーウィ「カズヤさんを放っておくでしょうか・・・」
ソフィエル「大丈夫だと・・・思いますけど・・・」
シンヤ「死なないだろう」
クロノ「うん」
カマエル「大丈夫だと思いますよ、はめルーンですし」
ィアーリス「いや、むしろヤバイではないのか?」
美奈「うん、HPなくなるじゃあないの?」
シグルド「平気だとは思うけど」
アキラ「ああ・・・」
清音「あれ?」
栞「どうしたの?」
清音「鈍い音から鋭い金属音が聞こえますよ」
リュウガ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あ、なるほど」

ソフィエルが唖然とした表情で言うとマギナが驚愕した声で言うとルツィエが何もなかったような様子で言うとハニエルがそんな様子に恐怖した声で言うとディーウィがデスルーン内のカズヤを見ていうとシンヤとクロノがそういうとカマエルが大丈夫でしょうと言うとィアーリスが大丈夫じゃないだろうと言うと美奈もそうだよねと言うとシグルドとアキラが平気だと思うというと清音はなにか気がつくと栞がどうしたのと聞くと清音がそういうとリュウガがそういうことかと言う。

カズヤ「ふははははは・・・アーマーをつければデスルーンなど怖いものではないわ」
リュウガ「それは今気がつくことなのか?」
カズヤ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
リュウガ「今気がつくことなのか?」
カズヤ「今気がつくことだよ」
リュウガ「・・・・・・・・・・・・・・・OK,分かったそういうならそうだろうな」

カズヤがアーマーをつけて笑いながらデスルーン内から出てくるとリュウガがそういうとカズヤが顔を背けるとリュウガがもういちど聞くとカズヤが笑って言うとリュウガがその笑みに隠されたドス黒いものを感じてそう言う。

ルツィエ「あら、出て来たの」
カズヤ「なあ、俺はなにか悪いこといったか?」
ルツィエ「へえ」
カズヤ「前に言ったが嘘は人のためにはならないというし貧乳は貧乳でも良いところだってあるし貧乳なら貧乳なりに大きくする努力をすれば大きくなるかもしれないし洗濯板は洗濯板としてもすばらしい機能をもっているじゃないか」
ルツィエ「それがあんたの言い分なわけね」
カズヤ「うん」
ルツィエ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
カズヤ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
ルツィエ「やっぱりあんたはわたしのことを・・・・・・貧乳・・・貧乳・・・貧乳って・・・貧乳で悪かったわね!!!!!!!」
カズヤ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
ルツィエ「洗濯板じゃあないわよ!!!!!少しはあるわよ少しは!!!」
カズヤ「なら、質問」
ルツィエ「なに!!!」
カズヤ「少しってどのくらい?」

ルツィエがそういうとカズヤがそういうとルツィエがカズヤに言葉にそういうわけと声で言うとカズヤが前にも言ったがとそういうとルツィエが聞くとカズヤがそういうとルツィエが笑顔で黙るとカズヤは苦笑しているとルツィエが膨大な魔力を纏っていうとカズヤが恐怖を感じて黙っているとルツィエが大声でいうとカズヤが1歩引いてからそういうとルツィエがなにというとカズヤがそう言う。

ルツィエ「な?!」
カズヤ「だって、そうやって否定するだから証拠ぐらい見せてよ」
ルツィエ「な、なんですって」
カズヤ「貧乳じゃないというなら貧乳じゃないと証拠をみせれば俺だって納得する」

ルツィエがその言葉になんですってと表情をするとカズヤがそういうとルツィエがどういうことよと表情で言うとカズヤがそう言う。

カズヤ「それにルツィエが巨乳だったらそれはルツィエじゃないだ!!!」
ルツィエ「・・・・・・・・」
カズヤ「ルツェイが巨乳だった怖すぎる!!!」
ルツィエ「・・・・・・・・・・・・・・」
カズヤ「つまり、馬だって首だけで空を飛んできたら怖い!!!一つのものがわかれて行動しちゃあいけない!そして俺が言いたいのはルツィエ=貧乳だということ!」
ルツィエ「・・・・・・・・・・・・オルタレーション・ライカンスローピィ、ブレードデモン、PSIエクスパンダースーツ、魔人転生」
シンヤ「どこから俺のオルタレーションが出てきているわけ?!」
アキラ「俺のも・・・あるだが」

カズヤがそういうとルツィエがそれを黙っているとカズヤがさらにそういうがルツィエはそれを黙って聞いているとカズヤが必死に身振り手振りでそういうとルツィエはなにも言わないで[オルタレーションカードライカンスローピイ、ブレードデモン、PSIエクスパンダ―スーツ、魔人転生]四枚使うとシンヤとアキラが何時の間にと言う。

シグルド「ちょっと待て・・・」
クロノ「6+7+9+9+8+8+7+8+5+8+9」
シグルド「それにルツィエの攻撃力が2+5+3+10だから」
クロノ「104・・・」

シグルドがちょっと待てよというとクロノがプラスされた数値を言うとシグルドがルツィエ自身にプラスされた数値も含めて計算するとクロノがその数値に青ざめる。

カズヤ「待て、ルツィエ!!!」
ルツィエ「あ・ん・た・が・悪・い・で・し・ょ・う」
カズヤ「・・・・・・・・・・・銃を捨てて話し合おう」
ルツィエ「オルタレーション・ソドムの罰!!!!!!」

カズヤがやめろと表情で言うとルツィエは怒りが限界寸前の表情で言うとカズヤが無駄と思いつつも真顔でそういうとルツィエは容赦無く[オルタレーションカードソドムの罰]を発動させると青白い光にカズヤはゆっくりと飲みこまれた。

結果・・・。
MBを完膚無き即死追いこんだロマンソドムにこんがり黒焦げになったカズヤ。
ルツィエはその後気がすんだのか気にすることも無く再びプールに戻る。
まあ、R氏いわく。
「被害があいつだけで良かった。これこそが奇跡だな」
という言葉が帰ってきた。




終わり。

テーマ:アクエリアンエイジ オルタナティブ - ジャンル:ゲーム

駄文 | コメント:2 | トラックバック:1 |

すまない、遅くなったな。今こそ必殺にライダー大車輪だ!!!(だい3回ナンバーマッチ発表~~~!!!)

いや~~~昨日発表といいながらちょっと親子でゲーセンに行ってしまって更新できませんでしたので今日ナンバーマッチング発表です。

1回目 13:30
(13:30の場合)
13:29:30 NESYSカード認証終了
13:29:45 「フレンド対戦」モード選択
13:30:00 「ナンバーマッチング」を選択
13:30:15 デッキ登録、マップ選択終了(デッキは事前構築推奨)
13:31:00 ナンバー(1515)入力終了(誤爆注意)

2回目 14:00
(14:00の場合)
13:59:30 NESYSカード認証終了
13:59:45 「フレンド対戦」モード選択
14:00:00 「ナンバーマッチング」を選択
14:00:15 デッキ登録、マップ選択終了(デッキは事前構築推奨)
13:01:00 ナンバー(1515)入力終了(誤爆注意)

3回目 14:30
(14:30の場合)
14:29:30 NESYSカード認証終了
14:29:45 「フレンド対戦」モード選択
14:30:00 「ナンバーマッチング」を選択
14:30:15 デッキ登録、マップ選択終了(デッキは事前構築推奨)
13:31:00 ナンバー(1515)入力終了(誤爆注意)

4回目 15:00
(15:00の場合)
14:59:30 NESYSカード認証終了
14:59:45 「フレンド対戦」モード選択
15:00:00 「ナンバーマッチング」を選択
15:00:15 デッキ登録、マップ選択終了(デッキは事前構築推奨)
15:01:00 ナンバー(1515)入力終了(誤爆注意)

5回目 15:30
(15:30の場合)
15:29:30 NESYSカード認証終了
15:29:45 「フレンド対戦」モード選択
15:30:00 「ナンバーマッチング」を選択
15:00:15 デッキ登録、マップ選択終了(デッキは事前構築推奨)
15:31:00 ナンバー(1515)入力終了(誤爆注意)

この5回となりました。

時間帯は前と同じです。
開始日は今週の日曜日。

あと共通設定として

デッキ制限
キャラコスト2以下(つまりコスト1~2ならカード以外なんでも使用可能>

オルタレーション1枚(コスト制限なしで一枚だけなら禁止カード以外なんでも使用可能)

禁止カードキャラ[モーリー、壱与]オルタ[ジャッジ、プラズマ]禁止戦法[メタ慣性ハメ、メタ篭り、あざか棒のハメ]

MAP:イレイザーイメージMAP:キャラ加速開始時間短縮 (速いキャラでも遅いキャラである程度遜色ないようにこのMAPで)

ナンバー1515(いつもどおりですね)

という設定です。

さてと禁止カードですがオルタのほうはいわなくてもいいですね。
キャラについてはパンツメイドモーリーを禁止。
これはコスト2で軽減機能がついているのでこれがいると極星勢力が不利なのでそういった意味で禁止。
戦法はメタはめ。
これは慣性防御でカードにはめたあとにデスルーンが来るとゲームが終わりそうなので。
あとキャラをコスト2までに制限したのはPSスキル向上とかありそうだけど一番の目的は高性能のキャラでゲームが決まらないようにするためでコスト2までならある程度平気かと。
オルタ1枚制限はエナドレ+応龍の2ラウンド逃げ勝ちを封印するためです。
本当は禁止カードにエナドレと応龍をいれてもよかったがそこまでするのもどうかなと思ってやめました。
まあ、回復の逃げ勝ちに頼らないで頑張れということです。

今回のナンバーマッチングはこんな所です。

参加する方はコメントにMBネーム(チーム名はお好きにどうぞ♪)と意気込みを軽くどうぞ。

あと、告知してくれるかたも大歓迎です。

PS「追加修正」
今週の日曜=9月16日です。(申し訳ないです)
禁止カード=《スサノオの依代“美作壱与”》(これ光弾跳ね返しだが光弾消す対策があるから放置してもいいかなと思ったですが一応禁止カードにいれることにしました)
《竜仙“竜吉公主”》関しては赤が多いのとスピードが遅いということで禁止カードにしません。
そのあたりも踏まえてデッキ構成考えてくださいね。
とりあいず篭りOKといいながらも対策がないと大変なのでメタ篭り禁止にしました。
あざかに対してはあざか棒のハメだけで制限。
具体的は・・・。
・2本の棒で挟み殴り倒すこと
・2本の棒で挟み、デスルーンor邪印でダメージを取ること
この二つ(MB・キャラ共通)をしてはいけないいうことで普通にあざか棒を使うに至ってはOK。

テーマ:アクエリアンエイジ オルタナティブ - ジャンル:ゲーム

ナンバーマッチング用 | コメント:18 | トラックバック:0 |

昨日は大変だった・・・。(第3回ナンバーマッチングやるよ)

まさか昨日はなぜかしらないが自分の管理ページおよびブログにアクセスできなくなってた・・・。(他の人のブログには余裕でアクセスできたのに・・・)

今日は特になにもありませんが。
告知をひとつしておきます。

第3回ナンバーマッチングを開催する予定でいます。
詳しい設定は明日になると思いますが。

今回はちょっとデッキに特殊ルールを設ける予定であります。

参加する人はしない人でも一応楽しみにしていてください。

テーマ:アクエリアンエイジ オルタナティブ - ジャンル:ゲーム

ナンバーマッチング用 | コメント:5 | トラックバック:0 |

台風が夜中に群馬には来るらしい。(スキルを考えてみよう)

とりあいずトレードの話ですがネット関係がギクシャクするのもいやなので俺が鮫しましたといことで終わらせましょう。
いまはまだいいけどなにかの拍子でどこかのスレッドみたいなことにはなりたくないので俺が鮫しましたということですべてを終わらせましょう。
本当すみませんでした。


さてと今回は台風の話ですがゆっくりと近づいているようです。
そこでひとつ思ったのですがシヴァやデスルーンみたいにその場に竜巻を発生させるスキルはあるが台風みたいに竜巻が移動するスキルはないですよね(擬似でメルキで置き台風は出来るけど)

ということでもし皆さんがスキルを考えるならどんなスキルがいいですか?

とりあいず自分は一つ。

カード勢力のエナジーを1消費してパワーとスピードを強化+即死攻撃無効。(スキル発動は一度だけで効果は永続)

という効果を考えましたが皆さんはどんなのがありますか?




テーマ:アクエリアンエイジ オルタナティブ - ジャンル:ゲーム

アクエリアンエイジ オルタナティブ | コメント:4 | トラックバック:0 |

トレード・・・そういえば価値って誰が決めただろう?

えっと名無し妖精さん>(←あつかましいが管理人のみ観覧できるようにしないでください)がいうには

正確なレート表というものは存在しておりません。
、、取りあえず現時点のアクエリオルタにおいては
C、UC、R、SR、PRのランク区別に加え
初期、1ST、2NDでの違いがあります。

黒ルシは初期SR、ディーナは2NDSRです。
現時点においては黒ルシ含む初期SRの排出率は低く、むしろディーナ等の方が高いです。
そのため、最近始めた方にとっては初期カードのほうが手に入りづらいです。
ただ、トレードとなると話は別で、ディーナを出せば、初期SRは3枚くらいなら楽に出ると思いますし、逆に黒ルシ放出であれば2NDRがギリギリかなっていうレベルです。

ということです。

この先は自分の疑問。
なるほどと思うのですが疑問に思うことが・・・。

排出率が高いSRがなぜ排出率が低いSRより価値が上回るのか?
性能とか絵柄などにもよるけど多分これは必要なカードほしいひとと全部集めている人によって代わっているような気がします。

それともうひとつなんですけどこれは個人的に疑問に思ったですけどレートって誰が決めるでしょうか?

それとレート表はしっかり作る必要性がある。
レートを知らない人が同じSRだから交換したといってそのあとに鮫とかグピとか言われて素直に謝るならよしだけどこれが噛み付くタイプならそれこそそれを気に荒れる可能性もあるしこれが拍車がかかるとそれことひどいことになるかもしれない。

知らなかったとはいえ鮫をしたといわれるなら鮫をしたということ。
これについては俺が何をいっても変わることがないのも事実。
それに対しては弁護も否定もありません。

テーマ:アクエリアンエイジ オルタナティブ - ジャンル:ゲーム

アクエリアンエイジ オルタナティブ | コメント:3 | トラックバック:0 |

AAAレート表知ってる人いますか?

どうやらクロルシフェルとディーナのトレードは鮫だと鮫だと指摘を受けました。

お互い同意のトレードなので気にはしてなかったですが鮫だとうは初めてだ・・・。

ところでAAAのカードレートって知っている人いますか?

知っていたら全部教えてほしいですが。

トレードの時相手も何も言わず普通にトレードに応じてくれたので喜んだのですがまさか鮫トレだとは思わなかった。

テーマ:アクエリアンエイジ オルタナティブ - ジャンル:ゲーム

アクエリアンエイジ オルタナティブ | コメント:6 | トラックバック:0 |

えいむにディーナが怖いよ・・・(ガタガタガクガク)

えっと昨日ちょっとゲーセンに行ってみました。

そこでえいむを使っている人発見したのでどんなものが聞いてみると。

通常攻撃不能(角のばあいは可)
通常攻撃無効

というのがわかった上に角でやるとほぼ100%バックアタック(永続?)になることがわかりました。

通常で攻撃不能は痛いけど通常攻撃無効に角はめバックアタックって決まればあの世行き決定ですよ。
ただしスキルやオルタのダメージ無効なので注意だそうです。

ディーナは出した人がいたのでルシフェルと交換してゲット。
このカード性能いいですよ。
コスト5なのは目をつぶってもそれ相応のパワー4のスピード3事実上パワーしてもスピードにしてもWIZ-DOMナンバーワンですしスキルの効果も加わって一対一なら負ける可能性は少ないですしシヴァ篭りも怖くなくなります。普通のシヴァの竜巻なんてダメージ0でカキカキと金属音がなるくらいですから。パワーがあがっていたら注意だけど)

あと初心者なのに全国行って狩しにジャッジメント食らっていた人いましたがジャッジメントも怖いですね。
でも余裕で勝てるのに容赦なくオルタで止めを刺すなんて狩り氏はこの世に存在しちゃあいけない人間なんだ!!!ここからいなくなれといってつぶさないとだめですね(笑)
むしろこっちの手を煩わせないで自分で回線切って首つって消えてもらえたら平和になるだろうなと思いますけどね(笑)

テーマ:アクエリアンエイジ オルタナティブ - ジャンル:ゲーム

アクエリアンエイジ オルタナティブ | コメント:3 | トラックバック:0 |

なんていうか・・・デッキの構成がマンネリになってきたのかな?

えっと・・・。
なんというか・・・。
デッキの構成がマンネリになってきたというか素材不足?

いや、それは無いような気がするけど。

でも最近構築じに結構悩む時間が多くなってるのも事実だし。

でも多分一番言いたいことは・・・タイトーコスト1をもっと出せということだろう。コスト3~5など別に出さなくっていいから

低コストがあるのとないのではデッキ構成にかなり支障がある。

特にコスト大の機体を入れるのコスト1は必要大。

あるのとないのでは違いがある・・・。

特に6とか出すには絶対にコスト1は欲しい。

少しエナジーが勝敗を分けるならなおさら。

とりあえず今デッキ構成に悩んでいるのも本音。

誰かこれがいいよと言うデッキがあったら教えてください~~~!

テーマ:アクエリアンエイジ オルタナティブ - ジャンル:ゲーム

アクエリアンエイジ オルタナティブ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。